スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボインのおっちゃん 『月亭可朝の「ナニワ博打八景」―金持たしたらあかん奴』

月亭可朝の「ナニワ博打八景」―金持たしたらあかん奴月亭可朝の「ナニワ博打八景」―金持たしたらあかん奴
(2008/09)
吉川 潮

商品詳細を見る


カンカン帽がトレードマーク

ヤクザの凄まじい追い込みをかいくぐり、花札、ポーカー、野球賭博の博打三昧。可朝の行くところ『バクチ天国、借金地獄』。演芸小説の第一人者が贈る痛快ピカレスク芸人伝。 (「BOOK」データベースより)


芸人という人は波乱万丈な生き方をする人が多い。

横山やすしさんは競艇を自分でやったり、ヘリコプターを買ったりと豪快な生き方をした。しかし晩年はやせ細り芸の舞台へたつことなく亡くなった。やすしさんを語る方は本当は繊細な方で芸のために豪快にふるまっていたといいます…

私は落語が好きです。特に桂米朝さんが一番好きで寝る時には落語を聴きながら眠りにつきます。高校生の時ぐらいから落語が好きになりました。もともとお笑いが好きで、かとちゃんけんちゃん、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、吉本新喜劇などを見て育ちました。高校生ぐらいの時初めてテレビで落語を見て、今までには無い面白さを感じのめりこんでいきました。
高校二年生の時に地方巡業でのお笑いがあると聞いて友達と行きました。いとしこいしさんがいらっしゃるというので存命中にぜひとも生で見たいという理由。
その時、いっしょにいらっしゃったのが「痛快エブリデイ」でおなじみの桂南光さん。生の落語を聞いてなんて面白いものかと関心したのを覚えています。

数年前「タイガー&ドラゴン」というドラマで落語ブームが起こりました。レンタルビデオ屋にも落語のCDが沢山置かれるようになり、より深く落語に親しめるようになりました。その中で一番魅かれたのが桂米朝さんです。
桂米朝さんは人間国宝の落語家。上方落語の頂点のようなお方です。

桂米朝さんには沢山のお弟子さんがおられます。その中の一番弟子が月亭可朝さんです。もとの芸名は桂小米朝でした。
「ボイン」という言葉を作ったのは大橋巨せんさんだといいますが広めたのは可朝さんとのこと。「嘆きのボイン」という歌を一度は聞いたことがあると思われます。

昔、新聞で芸能人本の売り上げランキングに「月亭可朝のナニワ博打八景」という本が一位になっていました。以前ストーカー疑惑事件で警察にご厄介になりそれもネタにしてしまうようなお人。
この本に色々載っていますが、なんとまぁ悪運の強いこと…どんだけ博打で大負けしてもかならず最後は勝利する強運。ヤクザに警察、裏社会…色んなところで博打を打っては自分の芸の糧にしています。
飲む、打つ、買うを地で行き、豪胆で大抵のことではびくともしません。
平成の世の中で数少ない豪快な人生を歩んできた芸人ではないでしょうか。

逆境に立たされてもそれを自分の運にしてしまうところもあります。
この本の初版が出るという段になったとき、ストーカー疑惑事件でつかまってしまいます。
しばらくたって留置所から出てきてレポーターに囲まれた時もそのことを即興でネタにしていしまいます。
不謹慎だと叩かれもしましたが、事件もあいまって良く本が売れたそうです。

本にありましたが、東の落語の重鎮立川談志さんも一目をおく月亭可朝さん。あの気難しい談志さんが一目を置くのだから相当の芸人なのでしょう。
師匠の米朝さんは古典落語を研究し失われていた落語を多く復活させ、芸に磨きをかける落語家であります。対極して可朝さんは人生そのもので芸に磨きをかけてきたように感じます。

最近では古典落語に力をそそがれているそう。
円熟の境地で楽しませてくれそうです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。